毛穴の黒ずみをとるには

毛穴に詰まった黒ずみは、肌の印象をとても悪くしますね。


ある程度近づくと結構目立って見えますし、遠くで見ても肌全体の印象を暗くしてしまいます。



しかし、毎日きちんと洗顔しているのになぜか毛穴に黒ずみができてしまうのですね。

池袋の毛穴治療に関しての情報が閲覧できます。

これは、洗顔がきちんとできていないということが考えられます。

ガジェット通信の口コミ情報を掲載しています。

できてしまった黒ずみをどうやってとるかと考えたとき、市販の毛穴パックが思い浮かぶ方も多いでしょう。

お肌に張り付けて、剥がすことで詰まっているゴミなどを引き抜いてしまうというものです。たしかにやってみると結構とれるのですが、これはやめたほうが良いでしょう。

なぜかというと、一時的に無理やりゴミなどを引き抜いても、そこにはぽっかり穴が開いているので、またすぐに汚れが溜まっていくからです。

そして無理やり引き抜くことで穴を拡大させてしまうので、もとよりひどい黒ずみに悩まされ、肌荒れの温床となることが考えられます。

洗顔がきちんとできていないことで汚れが溜まっているのですから、きちんと洗顔することで対応するべきですね。
まず、洗顔前に顔を温めて毛穴をしっかり開かせておくことが重要です。

スチーム美顔器でもいいですし、ホットタオルを3分くらい顔に乗せておくのでもいいです。
その後、泡立てネットを使って細かくて大きな泡を作ります。

この泡を顔に乗せて、1分ほどなじませてからゆっくり動かして汚れを吸着します。

3分ぐらいしてから、ぬるま湯で洗い流しましょう。一度ではスッキリ綺麗にはなりませんが、繰り返すことで毛穴を広げず黒ずみをとることができます。